トップ
プロフィール
一般書籍
センター試験用(文系用)
二次試験受験用(理系用)
お問い合わせ
ブログ
リンク
 

来春から開校する広島で、秋センターのセンター対策の特別授業。
広島焼き+もみじまんじゅうに満足。
2両編成の路面電車がなかなか気に入りました。

2013年11月12日  12:40 AM |カテゴリー: 受験 |3件のコメント

3件のコメント »

  1. もう引退しましたが部活で打楽器をやっていて、マリンバの話のコメント欄に書き込むのは気がひけたのでここで質問させてください。

    僕は現在高2で、関東の国公立大学の医学部を目指しています。学校では東京書籍の教科書を使っているのですが、(進学校のわりに)進度が遅く、授業も教科書をなぞるだけ、しかも書店で売られている参考書には記載されていない事項が教科書に複数記載されていて、少し不安になっています。
    先生の117講の新課程版が発売されるまでの間、網羅系の参考書を使って自習しようと思っていますが、同時に先生の生物(生物基礎・生物)基礎問題精講を並行してやろうと考えています。
    そこで質問なのですが、この本はどのような大学を志望する者のための本で、現段階でやるべきものなのでしょうか?お答えいただけたら幸いです。

    コメント by NBBQ — 2013年12月3日 @ 11:47 PM

  2. お返事遅くなってすみません。

    新課程では、今までの教科書はもちろん、普通の参考書にも記載されていなかった内容が、バンバン記載されるようになっています。
    さらに教科書によっても記載されている内容が異なります。東京書籍に載っていて、数研には載っていないものとか、逆に数研や第一には載っていて東京書籍には載っていないものもあります。117講は、他の参考書に比べれば、新課程の内容にもかなり踏み込んで書いてある方ですが、それでも追加しなければいけない部分もあります。
    来春に、117講では、新課程で追加される内容だけの小冊子を作成します。
    2014年度入試では、浪人生にも配慮して、新課程で新たに増えた内容からはあまり出題(まったくではないでしょうが)されないようなので、とりあえずは、このような小冊子を追加するだけでも十分対処できると思っています。
    お尋ねの基礎問題精講ですが、東大、京大、阪大以外であれば、十分対応できる内容の問題集です。今の段階では、基礎問題精講をしっかりマスターできれば大丈夫だと思います。
    よろしいでしょうか?

    コメント by namamono — 2013年12月12日 @ 10:38 PM

  3. お忙しい中返信ありがとうございます。
    やはり新課程初年度だと、参考書を作る側も問題を作成する側も、もちろん問題を解く側も難しいものですね…。
    教科書参考書ともに一長一短あるようですので、現段階は教科書を使って基礎問題精講をざっと1週し、117講が出版されたらがっちりやることにしようと思います。
    生物は好きな方なので、ワクワクして来春まで待てません。ありがとうございました。

    コメント by NBBQ — 2013年12月13日 @ 12:03 AM

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL




コメントをどうぞ

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

 
 

 

 
 
 

トップページ / プロフィール / 一般書籍 / センター試験用(文系用) / 二次試験受験用(理系用) / お問い合わせ

COPYRIGHT2011, 生物講師 大森 徹オフィシャルサイト  All Rights Reserved.